私は新しいサンダルを購入するときはいつも歩きやすさと疲れにくさを重視して選ぶようにしています。サンダルが活躍する春夏はファッションの差し色になるような鮮やかな色味のものを履くことが多いです。

また私自身の身長が百五十センチ台と低いため少しでも膝下が長く見えるようにアンクルストラップの付いたサンダルは避けるようにしています。ヒールは女性の脚が一番きれいに見えて尚且つ歩きやすさの邪魔にならない五センチほどの高さのものにこだわって選ぶようにし、これに短めのスカートやショートパンツ、もしくは膝が隠れる丈のスカートを合わせると低身長でもバランスのいい着こなしが出来ます。

足が痛くなりにくいサンダルを選ぶポイントとして履いた時足の甲がしっかり固定されるもの、ヒールが太くてしっかりしている物が個人的にはおススメのサンダルです。リボンなどをあしらった全体的に可愛いデザインも好きですが、一見するとシンプルな大人っぽいデザインなのにヒール部分にワンポイントの意匠が施されているものも買うことがあります。